ルーファスのコメント

e0024124_17381475.jpg10月25日付ContactMusicの記事
SEWELL'S NEW FILM 'ECHOES MCCANN CASE'
の中で、ルーファスが新作映画 「Vinyan」 について、
"uncomfortable" 
という発言をしています。
不愉快とか、いたたまれないとか、困ったとか、そういうニュアンス全部が含まれている感じがしますが。

ポルトガルで行方不明になったイギリス人の少女 マデリーンちゃん 事件に関連してのことです。
「Vinyan」 は、2003年の東南アジアでの津波被害で行方不明になった息子を探す夫婦の物語なんですが、ルーファス自身ビリー君という幼い息子がいるので、脚本を読んだ時にぞっとしたそうです。


「読むのが "uncomfortable" だった。すごく難しかったけれど、毎日(息子と)話をして、できるだけ連絡を取り続けられるようにした。そしてしばらくして、その仕事はとても分裂した状況になってしまったんだ。自分の感情を捨て去らないと、ちゃんと仕事ができないということになってしまった」


「Vinyan」 は現在ポスト・プロダクションということで、2008年にフランスで公開されるそうです。
ハッピーエンドじゃないのかも。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-10-26 17:38 | Rufus Interview
<< Men's Vogue Men's Vogue... >>