<   2006年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

レジェンド・オブ・ゾロ DVD 予約開始


e0024124_14535638.jpg
e0024124_17372856.jpg

「レジェンド・オブ・ゾロ コレクターズ・エディション」 のDVD発売日が決まり、amazon.co.jp
で予約受付が始まりました。
ここ です。
発売日は6月21日。
3990円 のところが 3112円になるので、これは逃せません。



音声・映像特典
●マーティン・キャンベルと、撮影監督による音声解説
●未公開シーン集、監督による音声解説付き未公開シーン
●メイキング・ドキュメンタリー(4種類)
●マルチ・アングル(2種類)
●オリジナル劇場予告編集
《監督》 マーティン・キャンベル
《製作》 スティーブン・スピルバーグ
《脚本》 ロバート・オーチ
《出演》 アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ ほか

だそうです。
未公開シーンとメイキングが楽しみですね~。

アメリカ版では フルスクリーン・バージョン と ワイドスクリーン・バージョン があったのですが、日本版では特にそういう区別は無いようです。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-31 14:50 | The Legend Of Zorro

Illuminata

e0024124_9473887.jpg
Illuminata の DVD がいろんないきさつの末に届きました。
「天井桟敷のみだらな人々」 という日本語タイトルはかなり不穏当な気がしますが、Illuminataというのは劇中劇のタイトルで、邦題のほうはそれを演じる人の実態の表現のようです。
ルーファスがこういう格好をするそうなので、是非見てみたかったのでした。


e0024124_9465620.jpg

いいでしょ?

DVDをめぐるいきさつはまだ決着していないのですが、けっこう面白いハプニングといえます。
結果が出たらご報告いたしますね。
場合によってはご相談になるかもしれません。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-31 09:49 | Film 関連

ルーファス 今日の1枚 3/30

「The Taming of the Shrew」 エンドクレジットのギャラリーから。
ケイトをお姫様抱っこ(か?)するペトルッキオ。
e0024124_1473264.jpg

ペトルッキオにしては珍しく、頼もしい大人の表情をしている、好きな写真です。
(おふざけの顔も大好きですが~)
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-30 14:08 | Rufus Photo Album

また余談のシャープ

e0024124_20191848.jpg
(ルーファス、ごめんね。)

怖いもの知らずの三冬訳、シャープのブログようやく再開しました。
本日のリチャード・シャープ
です。
本文訳の掲載は2月21日以来です。
4月1日でTigerを始めてから1年になるというのに、まだEagle(8冊目)の4章目。。。

いつか最後までたどり着く日がやってくるのでしょうか。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-29 20:23 | シャープ・シリーズ

ルーファス、BAFTA TV Awards にノミネート

ルーファスが 「The Taming of the Shrew」 の演技で British Academy of Film and Television Arts (通称BAFTA、英国アカデミー賞 オフィシャルサイトは ここ) の男優賞にノミネートされています。わーい。
e0024124_9194864.jpg

他の候補者は
バーナード・ヒル
デニス・ローソン
マーク・ライランス
です。
授賞式は5月7日(日)、 195 PICCADILLY にて。

それに先立つイベントが4月1日から始まるようですが、4月3日にはショーン・ビーン主演の「Sharpe’s Challenge」がPrincess Ann Theater で上映されるそうです。
アカデミー会員は無料、その他の人は入場料10ポンド。

そして4月27日にはノミネートされているメンバーを招いてのパーティーがあり、それに参加したい方は events@bafta.org までご連絡を、とのことです。

この賞はイギリスでの権威ある賞だそうで、ノミネートされただけでもすごいぞルーファス。

関連記事は
WENN via Yahoo! UK & Ireland News
ContactMusic
Independent
RTÉ News
など。
「タイタニック」「ロード・オブ・ザ・リング」のバーナード・ヒルと「レジェンド・オブ・ゾロ」のルーファス・シーウェルとの間の争い、という記述もありました。有力候補だと思われます。
e0024124_9191840.jpg

よかったですもの、ペトルッキオのルーファス。
e0024124_9203822.jpg

[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-28 09:23 | Rufus News

Amazing Graceについて、その他の情報

前の記事に引っぱられて、Amazing Grace関連をず~~っと検索し続けていました。
製作の Walden Media (「ナルニア国物語」はここの製作です。) のホームページは ここ なんですが、主人公のウィリアム・ウィルバーフォースについてのことだけしか記載されていません。
ひとつ気になるのは、
Coming to Theaters Spring 2007
という1行。。。
イギリスで来年春ということは、日本公開はいつになるやら。(ないかも。)
MovieNews.com の ここ には、セットの船の写真がたくさん載っていました。
奴隷貿易船だと思います。
そのなかから1枚。
e0024124_1956473.jpg

[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-26 19:56 | Rufus 新作情報

Amazing Grace のルーファス

ヨアン・グリフィズ のファンサイトさん(ここ) で、ルーファスがトーマス・クラークソン役で出演する Amazing Grace を特集した Telegraph Magazineのスキャンを掲載しておられました。
その一部にたぶんルーファスの写真があったので、拝借しました。
e0024124_16382655.jpg
 
手前がそうだと思うんですが。
実は Rufus Dailyさんでちょっと前にこの役のルーファスのアップの写真が掲載されていて、個人的にルーファスの提供を受けたものらしかったので、ここには載せられませんが。。。
ちょっと地雷を踏んだかと思った・・・。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-24 22:24 | Rufus 新作情報

Rock'n' Roll 情報

まずはLondon Theatre Guide の記事 から。

Rock 'n' Roll

Royal Court Jerwood Theatre Downstairs にて
トム・ストッパードの ロイヤル・コート デビュー作は、チェコスロバキアの現代史のヒトコマから取ったものである。
プラハの春(1968年)からビロード革命(2003年)にいたるひとつの時代を、二つの異なった側面から見ている。
プラハの春において、ロックバンドは体制への抵抗のシンボルであり、その頃、英国においてはケンブリッジの共産主義思想家がイギリス新左翼を再編成していた。

ストッパードの多くの作品の中にはオリバー賞を受賞した「アルカディア」、「ローゼンクランツとギルデスターンは死んだ」、「ジャンパーズ」、「The Real Thing and The Coast Of Utopia」 などがある。

「Rock 'n' Roll」はトレバー・ナンが監督を務める。彼にとってもこれが ロイヤル・コートでのデビューとなる。
「大衆的監督」の異名を取る彼の最近の作品は 「リチャード2世」、「ハムレット」を含み、これらはOld Vicで上演された。同時にウエスト・エンドのショービジネスはナンの指導による「Anything Goes」、「レ・ミゼラブル」、「白いドレスの女」で成功を見た。

原作者: トム・ストッパード
監督: トレバー・ナン
出演: ブライアン・コックス シニード・キューザック ルーファス・シーウェル

プレビュー: 2006年6月3日
オープニング: 2006年6月12日
最終日: 2006年7月15日
時間: 月~土 19:30~(6月14日 19:00~)
     土 15:30~(6月3日を除く)

The Royal Court Theatreの ホームページ の内容も、上記とほぼ同一でした。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-24 14:38 | Rock 'N' Roll

ルーファスの名前

レンタル落ちのビデオ
「ダーティー・ウィークエンド」
を発見、すかさず購入しました。
ビデオデッキの調子が悪いので、見るのはいつになるか。。。
(「Man of No Importance」 も 「Twenty-One」 もまだ・・・)

出演者の名前のところ、
ラフュス・スェール
となっていて、ルーファスのことですが、別人ですねー。
実際、ルーファス自身が発音するのを聞いていると、
ルーファス・スィウゥル
というように聞こえます。
カナで表記するのは難しい・・・。

海外のルーファスファンの間では、彼は Roof と呼ばれているようです。

私はときどきこっそり
ルーちゃん
と呼んでいますが。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-23 08:40 | 余話・雑記

グリーン・カーペットのルーファス。


e0024124_15545920.jpgempireonline.comの記事(Rufus Sewell at the 2006 Sony Ericson Empire Awards) より。
3月13日のSony Ericson Empire Awardsで、ルーファスはプレゼンターを勤めたようです。





この賞に参加した経験は?

あるよ。でも8年も前なんだ。すごく騒々しいイベントだったよ。
今回はさらにパワーアップしているみたいだね。

それでは、われわれはこの騒々しい雰囲気をこれからも守っていきましょう。

そうだね。前のときは部屋中が酔っ払った俳優だらけだったよ。そのときの僕にはぴったりだったけどね。
でも、もちろん僕たちはみんな、成長したと思うけどね。(と、生真面目な顔をしようとするが失敗。)

もちろんです。
「トリスタンとイゾルデ」を先日拝見しましたよ。やっと公開されて、良かったですね。


僕はいいやつを演じているんだよ!誰もそんなこと思ってくれなかっただろう?僕のママは絶対に考えてもみなかったはずだ。
やっとここでも公開されて嬉しいよ。
あの後、僕はずいぶんいろいろな仕事をしたんだ。「Illusionist」に、「Amazing Grace」、それから、ちょうど「The Holiday」に取り掛かろうとしているところだ。
ケイト・ウィンスレットとジュード・ロウ、ジャック・ブラック、それからキャメロン・ディアスと共演するんだ。すごく楽しみだよ。僕の役はたいしたものじゃないんだけどね。

われわれのカーペットについて、どう思いますか?(グリーンだそうですが、そのことでしょうか。)

そうだね、ずっと前にビリヤード台に一瞬だけ乗ってみたことがあるけど、それを思い出すよ。


というわけで、いきなりルーファスの新作情報が。
The Holiday。
IMDb によれば、すでに撮影に入っているらしいです。
でもキャストの名前にルーファスはありません。
カメオ出演でしょうか。
アメリカでは12月8日公開が決定しているようです。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2006-03-22 07:53 | Rufus Interview