<   2007年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

スト終結!再開!

「Rock 'N' Roll」 の オフィシャルサイト のメルマガ登録をしているのですが、

Great news! The Broadway strike has ended. Performances have resumed, and great seats are available!

というメールが届きました。
ブロードウェイのストは終わり、公演再開、いいチケットがあるよ!
ということです。
よかったよかった。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-30 13:17 | Rock 'N' Roll

サンダンス映画祭に出品

マリア・ベロ主演、ルーファス・シーウェル、ジェイソン・パトリック、エイミー・ブレネマンら出演の
Downloading Nancy
が、来年1月17日から開催されるサンダンス映画祭に出品されるそうです。
The Salt Lake Triune 11月28日付の
Sundance announces 2008 competition films
より。
U.S.ドラマティック・コンペティション部門です。
やっと公開ですねー。でもサンダンス出品作って、日本に来るのはずっと後ということが。。。(The Illusionist なんてまだこない)

日本からは 「めがね」 が出品されるそうです。
ゆるーい映画で私は大好きですが、アメリカの観客の反応が楽しみ。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-29 08:48 | Rufus 新作情報

ルーファスの007オトナ買い

CommanderBondNet の11月25日付
12 Audio Bond Books In A Tin
によれば、イアン・フレミング原作のジェームズ・ボンド・シリーズ12作の朗読CDを、ボックスセットで発売するそうです。
ルーファスだけじゃなくサマンサ・ボンドの朗読のCDもあるんですが、36枚組みで155.88ポンドのところ、The Book People では133.89ポンドとオトク・・・(でも高いよ)
ご購入は こちら
セット内容は
Goldfinger
Live and Let Die
You Only Live Twice
The Man With The Golden Gun
Doctor No
Octopussy
Moonraker
For Your Eyes Only
Diamonds Are Forever
Casino Royale
The Spy Who Loved Me (サマンサ・ボンド)
From Russia With Love
で、すべてアマゾンでもユーズドしかなくて、昨年たしかMP3でのダウンロード販売が出ていたのですが・・・。

Thunderball
On Her Majesty's Secret Service
は、今回のセットには含まれてません。
このセットは、アマゾンでは扱っていないようです。
こういう缶に入っている模様です。
e0024124_16294032.jpg

私は Casino Royale と From Russia With Love しか持っていないんですが、今のところ購入の予定はないです・・・。
(特にボンドファンというわけでもないし)
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-26 16:35 | Rufus Audio

ストはまだ続いていますが

ブロードウェイのストライキはまだ続いていて、「Rock 'N' Roll」なんてたった5日間しか上演されていないわけですが、
Plays are big in N.Y.... or were, ratherではとても好意的なレビューが。
エキサイティングで新鮮な脚本として、この作品と「シラノ・ド・ベルジュラック」の2作が上げられ、写真は「Rock 'N' Roll」です。
e0024124_18281423.jpg

ルーファス関係、動きがないのでこの記事は埋め草的に。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-25 18:33 | Rock 'N' Roll

ルーファス作品の予告編をまとめて

こちら で、ルーファス出演作の予告編いろいろ見られます。
作品は

Amazing Grace
The Holiday 「ホリデイ」
The Legend Of Zorro 「レジェンド・オブ・ゾロ」
The Last King: The Power And Passion Of Charles Ⅱ
Extreme Ops  「EX!」
A Knight's Tale 「ロック・ユー!」
Uncorked
Bless The Child 「ブレス・ザ・チャイルド」
Arabian Nights 「アラビアン・ナイト」
Dangerous Beauty 「娼婦ベロニカ」
Dark City  「ダークシティ」


Uncorked は、At Sachem Farm 、Higher Love 、Trade Winds  といった違うタイトルもあり、このブログでは 「Higher Love」 でご紹介しました。日本未公開です。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-21 13:02 | Film 関連

11月14日のルーファス

ブロードウェイのストライキ中、ルーファスはソーホーで目撃されていました。
NewsComより。
e0024124_18422960.jpg
e0024124_18424359.jpg

e0024124_18425626.jpg
e0024124_18431184.jpg

この帽子は目立ちませんか~?
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-19 14:10 | Rufus Photo Album

ブロードウェイのストライキ

11月10日から始まり、もう1週間以上になってしまったブロードウェイのストライキですが、発端は照明とかのスタッフたちの協会側によるリストラ案だそうです。
組合側が共同してストライキを進めていますが、昨日のNHKニュースではたいへんな減益となっており、劇場だけでなく周囲のおみやげ物屋さんやレストランにも大打撃を与えているそうです。
Playbillの11月18日付の記事
Day 9: Negotiations Continue as Effects of Strike Are Felt
によれば、「ヤング・フランケンシュタイン」や「メリー・ポピンズ」を含む8つの舞台は公演が継続されていますが、27の劇場が閉鎖されたまま、「シガゴ」や「コーラス・ライン」、「ライオン・キング」、「レ・ミゼラブル」に混じって 「Rock 'N' Roll」も再開の見通しが立たないままだそうです。
これからシーズンだというのに、どうなることでしょうね。。。
ルーファスは何をしているんでしょうか。
ところでオフ・ブロードウェイはこの反動で大盛況だそうです。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-18 18:36 | Rock 'N' Roll

ホリデイ 2006年

ルーファスQ&A の訳をしようしようと思ってはいるのですが、今、英文和訳の意欲が減退中です。(怠けるなー)
なので、「ホリデイ」 のキャプチャ&レビューをすっかり忘れていましたし、そちらをやってしまおうと思います。
オフィシャルサイトは ここ


ロス在住のアマンダ(キャメロン・ディアス)は同居していた恋人に浮気され、彼をたたき出したところ。
ロンドン郊外に住むアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、ずっと好きだった同僚(ルーファス・シーウェル)の婚約発表に傷心。
失恋した二人は衝動的にルーム・エクスチェンジを決意、アマンダはアイリスの兄(ジュード・ロウ)と出会い、アイリスはアマンダの仕事仲間(ジャック・ブラック)と知り合う。
そして新しい始まりの気配が・・・。

という、コメディー的要素も含んだロマンチックなストーリーなんですが、ルーファスは女泣かせのロクデナシの役でした。
自分の都合でアイリスの恋心を利用しています。
e0024124_1540395.jpg

プレゼントだって、ちゃっかりもらっちゃう。
e0024124_15402950.jpg

e0024124_15404386.jpg

それなのに、彼女の前での婚約発表・・・。
e0024124_15411150.jpg

アイリスの様子だって、わかっている。
e0024124_15414040.jpg

e0024124_15415633.jpg

そんな男と自分自身から逃げ出そうとしたアイリスだったのに、仕事の協力をしてもらうためにプレゼントを持ってロスまで追いかけていくんですから。
e0024124_1543481.jpg

e0024124_15431746.jpg

e0024124_15433234.jpg

でも婚約者とは別に別れたわけでもないし。
e0024124_1544193.jpg

という彼に、ついに腹を立てたアイリスに。
e0024124_1544286.jpg

いろいろ泣き落としを使おうとするのですが。
e0024124_15451440.jpg

e0024124_15452851.jpg

e0024124_15454356.jpg

結局追い出されてしまうのでした。
e0024124_1546367.jpg

すっきり。(・・・って、ルーファスファンだけど)

こういう半端ものの役のルーファスも面白かったです。
公開されたときのイギリスでの話題は、ルーファスとウィンスレットが昔つきあっていたということだったけれど、日本で紹介されたときには 旧友 という扱いになっていました。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-17 15:52 | Films2005~

ルーファスとアクセント

11月11日付のNorthjersey.comの記事
An actor uses accent to flesh out his character
は、ルーファスが 「Rock 'N' Roll」 の中で、チェコ訛りの英語を使っていることについてでした。
ルーファスの発言をピックアップしてご紹介。


・アクセントは、ある人々にとってある言語から他の言語への突破口を開くことを意味している。それは肉体的な問題でもあって、コミュニケーションをとるための努力なんだ。

・僕は、今では撮影センターになってしまったプラハで仕事をしたことがある。6本の映画を撮った。

・僕にはガールフレンドがいたんだけれど、彼女は実に標準的なロンドン英語を話していた。それが、彼女のバーミンガムの実家に一緒に行ったとき、ドアをくぐった途端に、子供の頃に話していたこってりしたバーミンガム訛りに変わったんだ。

・(ジャンのアクセントが強くなることについて)実際はそこにポイントを置こうとしているわけじゃない。年をとってくるにつれ、人間は個人的な特性を強くしていく。彼は(英語から)離れていたし。だから年を取ってからの場面では、(政治的にも個人的な人生においても)強調されて反映されたんだ。

・この役を演じる中で、僕は成長し続けて行っていると思う。常にそれを心がけているんだ。



といいうことでした。
つぎはQ&Aのご紹介に行きたいと思います。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-13 13:37 | Rufus Interview

Jacob's Theater とその周辺

帰国した夫が他の写真もくれました。
e0024124_14594237.jpg

このはずれのほうの、あまり大きくない劇場だったそうです。
e0024124_150124.jpg

e0024124_1502798.jpg

e0024124_1505044.jpg

e0024124_151555.jpg

e0024124_1511858.jpg

アリス・イヴの写真は撮ってこなかったらしいです。
中に入れば何かあったかもしれないけど、もう時間がなくて入れなかった・・・。
と、残念がってくれました。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2007-11-12 15:02 | Rock 'N' Roll