ルーファス 今日の一枚 7/13

e0024124_73876.jpg

「ダークシティ」のルーファス。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-13 07:38 | Rufus Photo Album

ロック・ユー! (A Knight’s Tale) 2001年

トーナメントに向かう途中の騎士が急死するところから物語は始まります。
従者の一人(主人公、ヒース・レジャー)が騎士に成り済まして試合に参加。
最初は何とか戦っている、という感じでしたがだんだんと強くなり。
チームワークも良好。
そして最強のライバルと、対戦することになる。。。

そのライバルが ルーファス・シーウェル演じる アンジューのアダマー伯爵。
底意地の悪い、あくどい手段も辞さない敵役です。そこがまたいい。

e0024124_12261162.jpg


e0024124_12263256.jpg


最後はめでたしめでたし。で終わる、痛快時代劇。

レンタル店の新着DVDで見つけ、何となく借りたのが出会いでした。
これがルーファス初見。
(3年ほど前でしょうか)
ポール・ベタニーやジェームズ・ピュアフォイといった、シャープのドラマに出ていた俳優さんたちも出演。
BGMに Queen の We Will Rock You や David Bowie の Golden Yearsが使われていたりする、楽しい映画です。
ルーファス入門編。でした。私には。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-12 12:27 | Films2000~

ルーファス朗読のオーディオブック

ルーファスは、多くの英国俳優同様、朗読も手がけています。
イアン・フレミングの 007 ジェームズ・ボンド のシリーズは彼の朗読です。
そのほかに トーマス・ハーディ原作の Woodlanders という文芸作品も。
これは、ドラマでルーファスが主演したものです。(未見)
以上は amzon.co.jp で購入可能です。

私が購入したのは

「Casino Royale

From Russia With Love

の2本。
先に From Russia With Love を聴いてしまいました(2作目。)
映画を見ているので理解しやすいだろうと思って。
今、Casino Royale を聴いているところです。

ルーファスの声はややハスキーで、ナチュラルな話し方をします。
朗読としては、少し早め。
聴いていると、どんどん眠くなるので、通してストーリーを理解することが難しいです。。。


007を朗読しているのだから、つぎのボンドは
ルーファス・シーウェル
・・・・にはならないでしょうか。やっぱり。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-12 08:44 | Rufus Audio

ルーファス 今日の一枚 7/12

e0024124_8104156.jpg

[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-12 08:11 | Rufus Photo Album

Rufus Filmography  

ルーファス・シーウェルの出演した作品。
最近のものから順に、過去にさかのぼっています。
下段が邦題(日本公開、あるいはビデオ・DVD化されたものについてのみ)。
カッコ内が役柄の名前です。
英語タイトルをクリックすると、予告編が見られる作品もあります。
(Windows Media Player)


The Illusionist (2006) (filming) .... Crown Prince Leopold

The Taming of the Shrew (2005) (TV) (filming) .... Petruchio

The Legend of Zorro (2005) (post-production) .... Armand


Tristan & Isolde (2006) .... Lord Marke

"Charles II: The Power & the Passion" (2003) (mini) TV Series .... King Charles II

Victoria Station (2003) .... The cabbie

Helen of Troy (2003) (TV) .... Agamemnon
「トロイ・ザ・ウォーズ」 (アガメムノン)

Extreme Ops (2002) .... Ian
「EX!」 (イアン)

Mermaid Chronicles Part 1: She Creature (2001) (TV) .... Angus
「人食い人魚伝説」 (アンガス)

Knight's Tale (2001).... Count Adhemar of Anjou
「ロック・ユー!」 (アダマー伯爵)

Bless the Child (2000) .... Eric Stark
「ブレス・ザ・チャイルド」 (エリック・スターク)

Arabian Nights (2000) (TV) .... Ali Baba
「アラビアン・ナイト」 (アリババ)

In a Savage Land (1999) .... Mick Carpenter

At Sachem Farm (1998) .... Ross

Illuminata (1998) .... Dominique
「天井桟敷の淫らな人々」(ドミニク)

Martha, Meet Frank, Daniel and Laurence (1998) .... Frank
「マーサ・ミーツ・ボーイズ」 (フランク)

Dark City (1998) .... John Murdoch
「ダークシティー」 (ジョン・マードック)

Dangerous Beauty (1998) .... Marco Venier
「娼婦ベロニカ」 (マルコ)

The Woodlanders (1997) .... Giles Winterbourne

Hamlet (1996) .... Fortinbras
「ハムレット -ケネス・ブラナ版」 (フォーティンブラス)

Carrington (1995) .... Mark Gertler

Cold Comfort Farm (1995) .... Seth Starkadder

King Henry IV (1995) (TV)

Victory (1995) .... Martin Ricardo
「ヴィクトリー  遥かなる大地」 (リカルド)

A Man of No Importance (1994) .... Robbie 'Bosie' Fay, the Bus Driver

Citizen Locke (1994) (TV) .... Midshipman Clarke

"Middlemarch" (1994) (mini) TV Series .... Will Ladislaw

A Night with a Woman, a Day with Charlie (1994) (TV) .... Charlie

Dirty Weekend (1993) .... Tim

Dirtysomething (1993) (TV) .... Clive

"Gone to Seed" (1992) TV Series .... Billy

Twenty-One (1991) .... Bobby

The Last Romantics (1991) (TV) .... Mike Costain


各作品については、これから順次ご紹介していくつもりです。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-11 22:47 | Rufus Filmography

Rufus Sewell Biography

1967年10月29日 イギリス トゥイッケナム生まれ。
父のビル・シーウェルはオーストラリア人のアニメーター。(1977年死去)
1989年6月、ロンドンのセントラル・スクール・オブ・スピーチ&ドラマを卒業、その後3年間の訓練を経て舞台「Making It Better」でデビュー。最優秀新人賞を受賞。その後ブロードウェイなどで多くの舞台で数々の賞を受賞し、映画デビューは「Twenty-One」(1991)。
その後映画、テレビドラマ、舞台などで活躍中。
私生活では1999年3月24日にヤスミン・アブダラーと結婚したが2000年3月に離婚。
2004年2月にエイミー・ガードナーと再婚、男の子(ウィリアム・ダグラス 2002年3月18日生まれ)が一人。
 
 身長    1m83cm 
 髪の色   黒  
 瞳の色   ヘーゼル

というのが簡単なルーファスの経歴です。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-11 22:17 | Rufus Sewell

ルーファスの最新作は。

ルーファスは今年、アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出演の
「レジェンド・オブ・ゾロ」
に出演します。

予告編を見る限りでは、敵役。
(まあ、そうだろうな。。。)
でも主役よりかっこいいです。期待できそうですわ。
e0024124_15151651.jpg

[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-11 15:16 | The Legend Of Zorro

好きな人はね。

エド・ハリス様。

ショーン・ビーン。

ヴィゴ・モーテンセン。

ルーファス・シーウェル。

ジミー・スミッツ。


エド・ハリス様は呼び捨てにはできません。
恐れ多くて、浮かれ騒ぎもできません。

ショーンとヴィゴは固定ファンも多く、いろんなサイトがあるので安心して私も楽しませていただいております。
ショーンが本命ですわ。
悪役っぷりが素敵ですもの。

そんな中で。
ジミー・スミッツはややマイナーすぎるから少し置いといて。

ルーファス・シーウェル。
彼にここでは力を入れていきたいと思います。
どう進めるかは考案中。
また好き勝手な独り言になりそうですが。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-11 15:08 | 俳優さんたち

シャープもやってます。

ショーン・ビーンのファンでもあり。
彼が主役を演じたテレビドラマシリーズ
シャープ
の紹介もしています。

未訳部分の私なりの抄訳です。
現在、時系列で5冊目の
Sharpe’s Prey  の半分くらい。

興味がおありでしたら、ここをクリック。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-11 14:45 | シャープ・シリーズ

ブログ開設!

ルーファス・シーウェル専用ブログを開設することにしました。

といっても、日本ではメジャーな俳優さんじゃないので話題はそんなに多くないかも。

普段は別ブログでいろんなことをしています。
ほかの俳優さんたちに実は首っタケ。

ここでは特に
Rufus Sewell
に集中したいと思います。

どうかお見知りおきを。
e0024124_13343059.jpg

(「ロック・ユー!」 の アダマー伯爵。ヒース・レジャー主演、ポール・ベタニー、ジェームズ・ピュアフォイなどと共演。)

いい男だと思うんですが。

彼の詳細については、少しずつ。
[PR]
# by mifuyusasa2 | 2005-07-11 13:42 | Rufus Sewell