人気ブログランキング |

Charles Ⅱ The Power & The Passion 2003年 (その4)

チャールズ暗殺計画。
それには王妃の侍医が関係しているといううわさも、国王の側近の主なものが絡んでいるという噂もあった。
主犯の特定(あるいは捏造)で事の決着を見るが、議会と国王との対立は、カトリックへの根強い反発をも含んで複雑化していく。
しかし、チャールズが取った行動は。
陰謀に利用されやすい長男をオランダに亡命させ、議会を解散し、国王の権力を強化することだった。
友人、側近の犠牲を伴いながら、チャールズはその死まで王として君臨する。
しかし彼は、自分の死後、王位が再び議会に脅かされることを熟知していたのだった。
e0024124_1528164.jpg

e0024124_15272667.jpg
e0024124_15284225.jpg
e0024124_15282151.jpg

・・・・・・。
第4話の更新が遅くなりました。
山場でした。これは面白かったです。ほんとに、面白かった。
惜しむらくは。
私の語学力。
議会での討論とか陰謀の詳細が、理解できませんでした。。。
議会で圧倒的な威厳を見せるチャールズが、その直前に王妃に励まされるシーンが心を打ちました。
なんだかんだ言って、結局王妃がいちばんだったようです。
ラスト、倒れるところ。
父王の肖像画の前で、
「私がしたことをほめていただけるでしょうか」
と、寝巻き姿のチャールズが言います。
そして追ってきた王妃を振り向き、
「どうして父上は答えてくださらないんだろう」
と言って、崩れるように倒れる。
で、彼の死に顔の映像があるんですが、左側頭部に傷がありました。倒れたときのケガがモトでしょうか。そのへん、詳しくないのが悔やまれます。
では、ジイサンになったチャールズ。
カツラなのであまり老けて見えませんが。
e0024124_15363248.jpg

これはファン必見のドラマでした。
日本で発売されるべきですー。
by mifuyusasa2 | 2005-09-06 15:36 | Films2000~
<< Charles Ⅱ The P... ルーファス 今日の一枚 9/2 >>