「Eleventh Hour」 とルーファス

e0024124_113266.jpgMetro UK の
New US show going well for Rufus
という記事、プレ・エミーのときのルーファスのインタビューが載っています。


ルーファス・シーウェルは彼の新作であるアメリカのテレビドラマ{Eleventh Hour」の撮影は 「うまくいっている」 と言っている。

「僕は余りそれを人に言いふらしたくないんだ。でも、演じるのを楽しんでいるよ」
と、彼は週末のロサンゼルスでのBAFTAエミー賞ティーパーティーのレッドカーペットの上で語った。

「僕たちはシーズン1の撮影のだいたい半ばくらいにいる。10月9日までは放送されないけれど、でも僕はとても喜んでいるんだ」

「僕が演じるのはジェイコブという科学者で、FBIのボディーガードと一緒に、科学理論的な犯罪捜査のためにあちらこちらに行くんだ」
と、彼は付け加えた。

アメリカでの英国ドラマの世界の再現により、ルーファスはロサンゼルスでの生活と仕事を楽しんでいる。

「普通、僕に仕事が来ると、外国で働くことになる」
と、彼はいった。
「僕は最近ロンドンでちょっと撮影をしたんだけれど、それは12年ぶりのことだった。だから制作費がいくらかけられるかによるけれども、その撮影は同じようにとてもよかった。インディ系はインディ系だが、すばらしいものはすばらしい。



ということで、ロンドンでの仕事もあったんですね。
なんだろう。
[PR]
by mifuyusasa2 | 2008-09-24 11:15 | Rufus Interview
<< プレ・エミーのルーファス アップ 9月20日のルーファス追加 >>